読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Roll Play My Life

= ryuji_026

スパイやマフィアや血みどろなゲーム(Counter Spyとホットラインマイアミの日記)


CounterSpy - Launch Trailer | PS4, PS3 & PS Vita ...

両方、というかホットライン マイアミは1だけだけど、(コンプリートクリアでなくて、エンディングまで)クリアした。

なんかゲームやるかと思って、まずCounter Spyやりたいと思ってたなと思って、ダウンロードしたら、そういえばホットライン マイアミというのもやりたかった気がすると思ってAmazonで注文した。

なぜか同時にステルスアクションを2つ遊ぶことになって疲れた。

Counter Spy

カウンタースパイは3Dの横スクロール風ステルスアクションで、カバー エイム ショット 探索という感じで、ゲームがシンプルに構成されてて良かった。
自動生成ダンジョン(?)にした意味はよくわからなかった。
HPが尽きるとき、監視カメラに映っているとき、通報されているとき、の3つの要素が、共通でゲーム全体のライフを示すデフコンゲージに関与するところも良かった。
スパイにとって死ぬことと監視カメラに映ることと見つかること全部同じくらいピンチという感じで良い。

Unityって書いてあった気がする。

PS StoreでCounter Spyって検索すると出てきて、購入ってボタン押すと遊べるようになる。

ホットラインマイアミ

血みどろのゲーム。これをつくったとかいう2人のスウェーデン人は頭がおかしいと思う。めちゃおもしろい。
ゼルダの伝説 神々のトライフォースみたいな見下ろし2Dアクションで、素早く的確に殺戮を繰り返すゲーム。
アートサイドが超クールでグレートという感じ。
ゲーム全体(ゲームシステム、音楽、グラフィック、演出、ストーリー、プレイテンポなど…)に一体感があり、その一体感がプレイ中にトランス感というかトリップ感を引き出してくるところが良かった。
ストーリーに残される謎やミステリーも、それ自体を押し付けてくるような感じがせずに良い。(一時期流行っていた、さあみなさんこの物語の謎を解いてくださいという感じがない)
ゲーム性も小気味よく、ステルスっぽく動くべき場面と、大胆にショットガンをぶっ放しまくるべき場面があって良い。
細かく復活ポイントがあってさっさとリトライできて良い。

「死→リトライ」の間にゲームBGMが途切れずに鳴り続けていることが、リトライテンポをよく感じさせることに大きく影響してると思った。

Steamか、Amazonでホットラインマイアミって検索すると遊べる。


めちゃおもしろい。

広告を非表示にする